地上に降(くだ)られた方

【日々のリマ】2022年12月21日(水)

エペソ人への手紙4:9
「上った」ということは、彼が低い所、つまり地上に降(くだ)られたということでなくて何でしょうか。

【追記】
パウロの書簡です。次の詩篇の聖句を引用しています。
詩篇68:18【あなたは、捕虜を引き連れて、いと高き所に上り、・・神であられる主が、そこに住まわれるために。】

神であられる主が住まわれる【いと高き所】とは、聖書に繰り返し登場する【神の右の座】のことでしょう。

その【神の右の座】から、神であられる主(キリスト)が地上に降られたとパウロは説いています。

同じことはイエス様も次にように言われています。

ヨハネ福音書3:13【だれも天に上った者はいません。しかし、天から下って来た者、人の子は別です。】

ここで、気がつく人は気がつきます。
それは、天から降られたイエス様が、母マリアの胎からお生まれになられたという、もう一面の事実です。

【神の御子】であるイエス様が、わざわざ【人の子】と御自分のことを呼ばれています。
それは、イエス様が、人の胎から生まれたことを、ことあるごとに人々に宣言した事実でもあります。

旧約の預言者ダニエルは、イエス様のことを次のように預言していました。
ダニエル書7:13【私がまた、夜の幻を見ていると、見よ、人の子のような方が天の雲とともに来られた。】

これはどう考えればよいのでしょう。

イエス様は、神の右の座から神の聖霊として母の胎に降って来られ、母の胎から人の子としてお生まれになられたということです。

イエス様がお生まれになった当時のことを考えましょう。

信仰深い律法学者やパリサイ派は、旧約のダニエル書の預言によって、キリスト降臨を天を見ながら待っていたでしょう。

その幻(イメージ)を頭に描いた人は、人の子として生まれたイエス様を認めることができなかったはずです。
頭に描いていた所と違うところから、イエス様が降臨されたからです。

人は、【頭に描くイメージ】と【本当の信仰】を別にしなければなりません。

イエス様が【人の子が来るとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか】と言われたからです(ルカ18:8)。

このことは、キリスト再臨のときを知るために欠かせない信仰の観点です。