酔ってはいても酒のせいではない

【今朝のリマ】2022年6月15日(水)

イザヤ書 51.21

それゆえ、さあ、これを聞け。

悩んでいる者、酔ってはいても、酒のせいではない者よ。

【追記】

バビロン捕囚の時代です。

酒のせいでなく酔う者とは、なんでしょうか。

主の手から、憤りの杯を飲み、よろめかす大杯を飲み干した(17節)とあります。

憤りの杯を飲み干したがゆえに聖地エルサレムを失い、この世のバビロンにおいて酔ったような状態にある者のことです。

神様は、この世(バビロン)にあるイスラエルに、『さめよ、さめよ、立ち上がれ(17節)』と励まします。

【永遠】か【今の時(刹那)】かの選択です。

考えてみましょう。人間を創られた神様は永遠の方です。

それゆえに、創られた人間の本心が求めるもの(真理・善・美)は、永遠です。

一方、刹那に囚われれば(バビロン捕囚)、永遠(真善美)を忘れます。

しかし、人間の本心はそれでは満足しません。

本心が満足しないのですから、ストレスや不安を抱えて本人も訳知らずに悩む者になります。

さらに悪いことには、悩みを一時忘れるために更に刹那に酔おうとすることです。これには救いの出口がありません。

本日のリマにおける主の声に耳を傾けましょう。

【それゆえ、さあ、これを聞け。】

【悩んでいる者、酔ってはいても、酒のせいではない者よ。】