三百デナリの香油

【今朝の聖書引用】2022年6月6日(月)

ヨハネの福音書 12.3-8

3 マリヤは、非常に高価な、純粋なナルドの香油三百グラムを取って、イエスの足に塗り、彼女の髪の毛でイエスの足をぬぐった、家は香油のかおりでいっぱいになった。

4 ところが、弟子のひとりで、イエスを裏切ろうとしているイスカリオテ・ユダが言った。

5 「なぜ、この香油を三百デナリに売って、貧しい人々に施さなかったのか。」

6 しかしこう言ったのは、彼が貧しい人々のことを心にかけていたからではなく、彼は盗人であって、金入れを預かっていたが、その中に収められたものを、いつも盗んでいたからである。

7 イエスは言われた。「そのままにしておきなさい。マリヤはわたしの葬りの日のために、それを取っておこうとしていたのです。

8 あなたがたは、貧しい人々とはいつもいっしょにいるが、わたしとはいつもいっしょにいるわけではないからです。」

【追記】

今日はリマではなく、朝起きた瞬間にひらめいた聖句になります。

ここでの登場人物は、イエス様、マグダナのマリア、そしてイスカリオテのユダになります。

イエス様にとって、マグダナのマリアも、イスカリオテのユダも,大切な人でした。

時は、イエス様のエルサレム入城の直前です。

イエス様が王の王(キリスト)としてエルサレムに入る勝負の時です。

人間がどのような気持ちでキリストを迎えるかで、その後が決まる分岐点でした。

一方、そのときにイスカリオテのユダ(に入ったサタン)による十字架の影がありました。

香油をそぞぐのは2つの意味があるそうです。

一つは、王(キリスト)への油注ぎの儀式。

もう一つは、葬式で死者に油を揺る儀式。

お金が云々よりも気持ちの準備が大切なときと感じました。