神様の意志がはたらくとき

【日々のリマ】

創世記,37章26節~27節より
弟を殺し、その血を隠しても、何の得になるだろう。さあ、ヨセフをイシュマエル人に売ろう。

【追記】

ヤコブの息子たち兄弟の話です。

兄弟の中でヨセフは、父ヤコブから、特に愛されます。

そのことを、他の兄たちは、ひどく嫉妬します。

そして、兄たちは、弟ヨセフを殺す悪巧みをします。

・・・

創世記で、兄が弟をねたみから殺すという話は、先にもありました。

アダムの息子たち兄弟の話です。

このときは、兄カインが、弟アベルをねたんで、殺してしまいました。

・・・

しかし、ヨセフのときは、違います。

兄であるルベンとユダが、他の兄弟たちを、それぞれに説得します。

このときのルベンとユダは、ヨセフを救いたいという思いは、一緒です。

しかし、二人の考えるところは、違いました。

・・・

ルベンの考えは、ヨセフを穴の中に入れて、後で父の元に無事に帰そうとするものでした。

一見すると、ルベンの考えは、ヨセフを救う意味で、穏便です。

その場の解決には、近道でしょう。

しかし、他の兄たちとヨセフの確執が、これで収まるとは言えません。

兄たちのねたみが収まらないかぎり、いずれヨセフは兄たちに殺されたでしょう。

これでは、元の黙阿弥です。

ルベンの考えは、人間の意志による、その場限りだったといえます。

・・・

一方、ユダの考えは、ヨセフを奴隷商人に売ってしまおうというものでした。

ユダの考えは、その瞬間においては、非人道的です。

多くの人は、このようなユダの考えに嫌悪感を感じるでしょう。

しかし、のちのちの結末まで見ると、ユダの考えが正解だったと分かります。

・・・

奴隷として売られた先で、ヨセフは、エジプトの王に認められ、宰相にまで出世します。

そして、飢饉でエジプトに避難したヤコブ家庭を、ヨセフは救います。

救われたヤコブ家庭は、かつて殺そうとまでしたヨセフと、感動の再会を果たすのです。

ここにおいて、ヨセフと兄たちの確執は、解消されます。

・・・

このあと、このユダの血統にダビデが生まれ、そのダビデの血統からイエス様が生まれます。

・・・

ここまで先々を見るなら、ユダの考えと行動には、神様の意志が働いていたとみることができるでしょう。

弟ヨセフを殺そうという悪巧みに対しても、そこに神様の意志が働くなら、善い結果に結びつくという実例になります。