父もキリストも知らないからです

【日々のリマ】

ヨハネの福音書,16章3節
彼らがそういうことを行うのは、父もわたしも知らないからです。

【追記】

イエス様は、弟子たちにこう言われました。

人々はあなたがたを会堂から追放するでしょう。実際、あなたがたを殺す者がみな、自分は神に奉仕していると思う時が来ます。(ヨハネ伝,16章2節より)

このように、弟子たちは、同じ神様を信じるユダヤの同胞から、人として最低限の扱いを受けません。

このことは、遠くの無神論者から受ける迫害とは、比べものになりません。

より近い同胞の兄弟から受ける仕打ちですから、こころ痛く、つらく悲しい仕打ちになります。

同じ神様を信じる同胞として、お互いを異端や分派と扱うのは、このような仕打ちです。

・・・

イエス様は、そんな弟子たちに、こう教え諭します。

彼らがそういうことを行うのは、父もわたしも知らないからです。(ヨハネ伝,16章3節より)

・・・

父なる神様の本体を知るのは、ただお一人、御子であるキリストのみです。

一方の私たちは、キリストではないため、神様の本体を完全に知りえません。

イエス様が、弟子は、師を超えないと言われた通りです。

・・・

完全ではないため、人間は、神様とそこから来られるキリストに対する考えに、違いが生じます。

しかし、違うからといって、お互いを異端や分派と扱ってはいけません。

もし、お互いを異端や分派と扱うなら、愛を失い、神様とキリストから離れるからです。

同胞として扱い、お互いに敬意を払いましょう。