神のことばは、すべて精錬されている

【日々のリマ】

箴言,30章5節より
神のことばは、すべて精錬されている。

【追記】

新約聖書、すなわちイエス様の言葉は、今から二千年近く前です。

旧約聖書は、さらにそれ以前になります。

日本で言えば、弥生時代の昔になります。

聖書は、日本で最古の古事記や日本書紀よりも、さらに昔の書物なのです。

一般の人が今も読む書物の中で、聖書は世界最古の書物と言ってよいでしょう。

・・・

普通であれば、古いものは、社会情勢や価値観の変化に合わないために、廃れていきます。

たとえ、時の宗教の聖典であろうと、時代に合わなければ廃れます。

そんな時代の荒波にあっても、聖書は廃れませんでした。

そのこと自体が、奇蹟です。

・・・

さらに、聖書に触れる人々に、その時代その時代にあった神の知恵を授けています。

現代においても、聖書が与える神の知恵は、まったく新しいのです。

・・・

なぜ、このように聖書は、特別なのでしょうか。

箴言の書は、こう言います。

神のことばは、すべて精錬されている。(箴言,30章5節より)

神の言葉は、精錬されているために、廃れてしまうたぐいの余計な混じりけがありません。

その言葉は、ますます精錬され、熱なる愛と、光なる真理を、人々に放ち続けるのです。