主は怒るのに遅く、人の立ち直りを待たれる

【日々のリマ】

詩篇,103編8節
主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのに遅く、恵み豊かである。

【追記】

人は、生きて働き、生活する限りにおいて、必ず失敗があります。

もし、主なる神様が、直ちに怒る方であれば、人は恐れに捕われて、立ち上がれないでしょう。

しかし、神様は、怒るのに遅い方です。

恵み深く、何を失敗したかを教えてくださいます。

その時は、自分の気持ちと姿勢を問い直すチャンスです。

立ち直るのが早いほど、人はどんどん成長できます。