弟子は師以上の者ではありません

【日々のリマ】

ルカの福音書,6章40節
弟子は師以上の者ではありません。しかし、だれでも十分に訓練を受ければ、自分の師のようにはなります。

【追記】

一般に、弟子は、自分が教わった師匠を超えてこそ、その道は発展します。

また、弟子にとって、師匠を超えることが、師匠への恩返しとも言います。

・・・

では、冒頭の『弟子は師以上の者ではない』とは、どういう意味でしょう。

この言葉を誰が言われたのか、、そこがポイントです。

イエス様が、キリストとして、キリストの弟子たちに対して、時と場所を超えて言われたと考えましょう。

・・・

私たちは、弟子であって、キリストの身の丈を超えません。

万一にも超えれば、それは反キリストです。

キリストという唯一の存在のみが、父である神様の本体を知るからです。

その神様の本体は、天地を創造される前の神様、すなわち光あれと言われる前の、夜の神様になります。

イエス様の内なるキリストは、その夜の神様と共に、天地創造の前から存在されたのです。

・・・

一方、私たちは、天地創造のその結果であって、創造された天地を通して、また聖霊を通して知ることのできる神様どまりです。

すなわち、イエス様が『弟子は師匠を超えない』と言われた通りなのです。

お一人お一人の人間は、命の道であるキリストを通してしか、神様の本体を知ることはできません。

そう考えると、神様の真理とこの世の最適解は、私たちを超えたところであるキリストにあるのです。

・・・

物理学の偉人ニュートンは、この世界を述懐して、こう言いました。

・私は海辺で遊んでいる少年のようである。
・時折、普通よりもなめらかな小石や、かわいい貝殻を見つけて夢中になっている。
・真理の大海原は、全てが未発見のまま、私の目の前に広がっているというのに。

・・・

私たちは、キリストにあって、真理とこの世の最適解を少しずつ見つけては、喜んでいる学徒なのです。

正解が自分になく、キリストに正解があると知れば、もっと広大な世界を知ることになります。