すべての人の奴隷になりました

【日々のリマ】

コリント人への手紙第一,9章19節
私はだれに対しても自由ですが、より多くの人を獲得するために、すべての人の奴隷になりました。

【追記】

コリント第1の第8章において、パウロは次のように言っています。

食物が私の兄弟をつまずかせるのなら、兄弟をつまずかせないために、私は今後、決して肉を食べません。(コリント第一,8章13節より)

先に、神様は、ペテロの幻を通して、食事のことで異邦人をさげすんではいけないことを示しています。

そのため、パウロが肉を食べるか否かは、パウロの自由であって、信仰の上から、とやかく言う問題ではありません。

しかし、初期キリスト教会においては、先祖の古い習慣から、肉を食べることにつまづく人がいたことも事実です。

そのため、パウロは、信仰の幼い兄弟をつまづかせないよう、肉を食べないと言ったのです。

・・・

教会に来てつまづく人で、神様につまづいたという人は少ないはずです。

つまづきの一番多い原因は、人間の好き嫌いによるところでしょう。

もし、私が人間の好き嫌いでつまづくなら、それは私の信仰が幼く、神様の大きな視点に立てないがゆえです。

信仰の幼さゆえですから、成長の時間が必要です。

いずれ信仰が成長していけば、本人が悟って解決できるでしょう。

・・・

しかし、問題は、その成長期間をこらえられずに、教会を去る人々のことです。

そこで、パウロは、次のように言っています。

私はだれに対しても自由ですが、より多くの人を獲得するために、すべての人の奴隷になりました。(コリント第一,9章19節より)

パウロの言葉の背景には、神様から降りる愛があります。

信仰の幼い者への愛ゆえに、信仰の自由において、あえてすべての人の奴隷になったと、パウロは告白します。