キリストとともに十字架につけられました

【日々のリマ】2022年12月10日(土)

ガラテヤ人への手紙2:19
しかし私は、神に生きるために、律法によって律法に死にました。私はキリストとともに十字架につけられました。

【追記】
パウロの書簡です。

「私が死にました」を、文字通りに読むと意味不明になりますね。

パウロは、このとき生きているのですから。

どうやら、パウロが言う【私】は、神様が創造されたままの私のことではありません。

私の中の【エゴ】のことのようです。

パウロは、イエス様と出会う以前、つまりサウロの頃、厳格に律法を守って生きていました。
その頃のパウロは、その律法で【エゴ】を徹底的に無くした(死んだ)と思っていたでしょう。

パウロにとって、律法以上の救いはないと。
しかし、律法の先には、さらに上のものがありました。

キリストが、私の【エゴ】が原因で、十字架につかれたということです。

パウロは、自分の【エゴ】が、罪なきキリストと共に十字架について死んだ(霊的には贖罪)と。
その事実に至るのです。

ただし、【エゴ】が死んで終わりではありません。
古い自分が死んだ後、新たに生まれ直したということです。

そのことは、パウロの次の書簡からも分かります。

コリント第二5:17【ですから、だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。】