バラムに臨んだキリスト預言

【日々のリマ】

民数記,24章17節
私には彼が見える。しかし今のことではない。私は彼を見つめる。しかし近くのことではない。ヤコブから一つの星が進み出る。イスラエルから一本の杖が起こり、モアブのこめかみを、すべてのセツの子らの脳天を打ち砕く。

【追記】

神様からバラムに臨んだ、キリスト預言です。

・・・

私には彼が見える。(民数記,24章17節より)

バラムには、神様と共におられるキリストが見えています。

・・・

続けて、バラムのキリスト預言です。

しかし今のことではない。私は彼を見つめる。しかし近くのことではない。(民数記,24章17節より)

地上にキリストがお生まれになるのは、バラムの時代ではなく、ずっと先になります。

しかし、バラムには、キリストのお姿がはっきりと見えています。

すなわち、キリストは、地上に産まれてキリストになるのではありません。

地上に産まれる前から、キリストとして存在するのです。

箴言8章によれば、キリストとしての【わたし】は、天地創造の前から、神様と共におられます。

・・・

続けて、バラムのキリスト預言です。

ヤコブから一つの星が進み出る。イスラエルから一本の杖が起こり、モアブのこめかみを、すべてのセツの子らの脳天を打ち砕く。(民数記,24章17節より)

ここでのヤコブ、すなわちイスラエルは、キリストたるイエス様を地上に迎えるための基台です。

キリストを地上に迎えるため、イスラエルの祖であるアブラハム・イサク・ヤコブは、神様から特別な祝福を受けたのです。

・・・

逆にいえば、キリストを迎えるにふさわしくない者は、たとえイスラエルに生まれても、断ち切られる運命です。

そのため、イスラエルは、数々の戦争や捕囚を通じて、時代時代で選別された民でした。

・・・

現代においても、およそ2千年ぶりにイスラエルという国ができました。

しかし、現代のイスラエルは、ユダヤ教の立場において、イエス様を拒絶したままです。

その現代イスラエルが、イエス様を拒絶したまま、神様からの特別な祝福を受けることはないでしょう。

それは、イスラエルの特別な祝福が、キリストとしてイエス様を迎えるという前提で、神様が与えた祝福だからです。

古代イスラエルで繰り返された負の歴史をみれば、現代イスラエルの歴史が見えてきます。

そう考えると・・・

時代の恩恵として、世界に平和が来るのは、多くの人々がキリストを受け入れたときかもしれません。