モアブによる生贄

【今日のリマ】2022年9月16日(金)

アモス書 2:1
彼がエドムの王の骨を焼いて灰にしたからだ。

【追記】
イスラエルの周辺国モアブに対する神様の裁きの宣告です。

裁きの理由は、エドムの王の骨を焼いて灰にしたからとあります。

他国の王の墓を暴いて何かの儀式をしたようですが、その真相はわかりません。

そもそも、モアブは、偶像ケモシュの前で子供を殺して生贄に捧げる国です。(列王記第二の3章27節)

子供の命を生贄にすることで、神ならぬものへの恐怖が支配する国だったのかもしれません。

唯一なる神様を見失えば、人間はそこまで忌まわしいものになれるという悪い例です。

エペソ4:18【彼らは知性において暗くなり、彼らのうちにある無知と、頑なな心のゆえに、神のいのちから遠く離れています。】

神様の真理の光で私たちの無知を明るくしましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ