根拠なき陰謀論の口は、自滅の道

【日々のリマ】

ダニエル書,2章12節
王は怒り、大いにたけり狂い、バビロンの知者をすべて滅ぼせと命じた。

【追記】

バビロンの王は、未来に起こることを夢に見ます。

そこで、王は、国中の見識者を呼び、夢の解き明かしを命じます。

しかし、王は、夢の中身を告げません。

王の見た夢の中身それ自体も答えよ、と命じたのです。

・・・

王は、これらの見識者の虚実を見定めようとしたのです。

その結果、彼らは一人として、王しか知らない夢の中身を答えることができませんでした。

彼らは、自分が正当であることの根拠を明らかに出来ませんでした。

・・・

今の世、特にインターネットで個人が意見を自由に言えるようになったことは、とても良いことです。

しかし、神様とキリストに寄らない、根拠も怪しい情報も流布されます。

個人的にですが、それら情報の事実を調べるため、情報元を辿ってみたことがあります。

辿れた範囲において、それら情報の発信源は個人でした。

個人には、国家的な捜査権限も情報源もなく、隠れている悪者たちの情報が簡単に手に入るわけがありません。

したがって、それら情報は、個人の思い込みに過ぎないと判断できます。

・・・

さらに、その個人の発言には、思い込みの正義感が加わっているようでした。

正義感を思い込んで語れば、へたな詐欺師以上に心に迫ります。

そのために、知り合いが知り合いへと、信じて伝聞してしまいます。

・・・

このように見識を持つ人の中には、根拠なしの思い込みを真実味をもって語る人がいます。

本人の思い込みである以上、本人に嘘いつわりがありません。そのために、堂々とします。

しかし、周囲が思い込みの根拠を尋ねても、自分が思い込んだこと、それだけが根拠です。

外の社会では、そのような思い込みは、根拠と認めてくれません。

時が経って、嘘と分かれば、陰謀論者と言われて、周囲の信頼を損ないます。

・・・

このように思い込みを口にしていると、本意でないのに嘘つきと言われて、自滅の道をたどります。

根拠なしの陰謀論は、口の災いです。

自滅の道を辿らないために、軽い口を慎み、必ず根拠を確認しましょう。

神様とキリストによっても、根拠が確認できないときは、一時保留することです。

嘘かまことかは、時間がたてば必ず明らかになるからです。